2007年01月06日

ゴンちゃんのこと

アメリと出会う約1年前、
それまで我が家で暮らしていた、ワンちゃんのことについて書きます。
gonta2.jpg
私が一番好きな写真です。笑顔が最高でした。

名前はゴン太。サモエドという、犬ゾリでよく使われる犬種です。
出会いはまだ私が中学生の1992年の春、家族旅行中のロサンゼルスのペットショップ。
もちろん旅行なので、犬を飼うつもりは初めからないです。が、元気に遊ぶ真っ白い子犬をみて、弟が駄々をこねたのです。そしてなんと、両親は買ったのです!
ロスに知人がいるから、なんとかなるとでも思ったのでしょうか?
ワクチンがまだ終わってないので当然日本に一緒に帰れず、私たちは先に帰国しました。

そしてそれから約5ヶ月。ゴンちゃんが日本にくる日。
あのペットショップで見た、柴犬くらいの大きさの犬に会えるものと思ってました。
ところがうちについてみると、狼みたいなおっきな犬が…あの時はホントに腰を抜かしました。話が違う、と思いました…でも、ゴンはホント人懐っこく、穏やかでした。
下の最初の写真は、おそらく生後5ヶ月前後のゴンです(すでに大きい…)。まだアメリカの知人宅にいる頃。その知人が「名無しのゴン太」と仮の名をつけられたのが、結局うちでも定着してしまいました。
gonta3.jpggonta1.jpg
gonta5.jpggonta6.jpg

ただ、大型犬なので、散歩にはホント困りました。
引っ張られて壁に激突したこともあり、私はたまにしかやりませんでした…

そして日本の庭はゴンには狭いらしく、何回か、鎖を引きちぎって脱走しました。
さてどうやって帰ったのか、恥ずかしい話をいくつか披露いたします…

・近所の人が引っ張ってつれてきてくれた。思いっきり息を切らしながら…
・近所のスーパー前の広場にいた。
・近所の、仲良しのワンちゃんのうちにいた。仲良く遊んで、塀から顔をだしていた。
・近所のサモエド愛好家のお散歩集団の中にまじって歩いていた。
・市内のK警察署から連絡があった。
・隣のZ市の警察署から、市役所の前にいると連絡があった。うちから徒歩30分。
・その結果、白いおっきな犬がいるだけで、K警察とZ警察から「おたくではないか」と連絡がくるようになった。
・一番遠くて、3つ隣りのH市で発見された(警察から連絡があった)
・さんざん探したあげく、「えへっ!」と照れながら、自ら戻ってきた。

覚えている限りでこんなに…本当に関係者の方々、ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m
場所の名前は恥ずかしいのでイニシャルで。(でも、K県民の方ならわかるかも)

ホントこまった子でした。(って、探し回ったのは男衆で、私は電話番♪)
時々遠吠えするし、近所迷惑だったはずです。でも、人をかむとか、嫌がることはしません。人の表情をよくみるし、犬も人間にもフレンドリーです。
おかげで散歩中とか、知らない人からも「ゴンちゃん」と声をかけられました。

そんな人気者?のゴンでしたが、老いの為か、2005年になると元気をなくしていきました。
当時私は一人暮らしをしていて、時々しか会うことができず、父も単身赴任中でした。
しかし2005年12月2日の夜、一家5人が久しぶりにそろうと、ゴンは一晩中泣き続けました。キューン、キューン、と。
そして翌日の昼、永遠の眠りにつきました。あと一月頑張れば、14歳でした。
ゴンの亡骸は不思議なことに、一切硬直がなく、ぐにゃっとしてました。
それは火葬場に出した4日の日も変わりませんでした。
おそらく私たち家族がそろうのを待ってから、安心して亡くなったんだと思われます。

当分犬は飼わないことになりました。でも、私はゴンちゃんの事を思い出すことが多くなりました。「大変でも、もっと一緒に散歩すればよかったな」とか。それから、実家に戻ることになりましたが、やっぱり犬をもう一度飼いたいと思い、そしてアメリと出会いました。

書きながら思い出して泣きそうです〜うぅ(>_<)長くなりましたので、この辺で。
ちなみに父は、アメリのことをゴンと呼びます。
gonta4.jpg

ニックネーム まゆぽん at 22:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴンちゃんのお話辛いけど良いお話でした・・・
非常に良いお顔をしているゴンちゃんですね
幸せだったのでしょうがご両親思い切りがいいですね!
中々アメリカで∪・ω・∪を買って日本へって出来ないですよね・・・
アメリちゃんを可愛がり躾をし幸せにしてあげまゆぽんさん達が幸せになることが
ゴンちゃんの一番の供養になるでしょうね
今日は他のゴンちゃんの誕生日でもあったのでちょっとびっくりした内容でした
辛いお話をありがとうございました
Posted by さくら at 2007年01月07日 00:19
うわ〜〜!ゴンちゃん、ロスからやってきたワンちゃんだったのですね!?すごい!旅先でペットを買うなんて、ホント、思い切りの良いご両親ですね!素敵だ!!
大型犬のパピー時代と成長した後って「詐欺!」って言いたくなるくらい違いますよね(もちろん大きくなるのを承知で飼ったんですが/笑)
あの成長の度合いには驚かされます。小さいのなんてほんの一瞬……(笑)
素敵な思い出がいっぱいで、しかもそれをこうして忘れずにおりにつけ思い出して語ってくれる飼い主さんで、ゴンちゃんは幸せだと思います。
ゴンちゃんの笑顔が眩しいです。
素敵な写真とエピソードの数々、ありがとうございました。
Posted by BillyBaby at 2007年01月07日 02:07
ゴンちゃん、外人さんだったんですね!でも家族そろった日に亡くなったのは、みんなにみまもっててもらいたかったんでしょうね きっとみんなにありがとうって言いたかったんだと思いますよ!アメリちゃんは、ゴンちゃんが出会わせてくれたんだと思います!アメリちゃんといっぱい楽しい思い出を作っていくことをゴンちゃんも望んでるんじゃないかなぁ・・・
大切な思い出を話してくれて、ありがとうございました!改めて、うちの小力と姫を大切にしようとおもいました!
Posted by CORIHIME at 2007年01月07日 10:45
ゴンちゃんのお話、涙しながら読みました。私の家は小さい頃から動物の絶えない家でした。生命を迎えることも、見送ることも何度も繰り返してきました。死は本当につらいです。でもそれを救ってくれるのは、また生命なんですよね。
ゴンちゃんにしてやれなかったことをアメリちゃんにしてあげてください。
それがゴンちゃんが1番望んでいることだと思います。
アメリちゃんの幸せがゴンちゃんの幸せなんですよね・・きっと。
Posted by ☆モエ&アメリ☆ママ at 2007年01月07日 14:12
またもや偶然!!
うちにもゴンというプードルがいましたっ☆
成犬の時ゴンを貰ったんですケド
うちもね、名前は?って母に聞いたら
「名前知らないから、名無しのゴンベーよ。」
って言われて私がゴンザレスってつけたのを
今日のまゆぽんさんの記事を読んで思い出しましたー☆ありがとうございます。

ロスのペットショップで出会うなんて
よっぽど縁があったんでしょうね!
すごいことです!
ゴンちゃんは まゆぽんさん一家に迎えられて絶対幸せだったと思います。
Posted by ドン at 2007年01月07日 19:24
ロスで出会ってなんて、とっても
運命の子でしたね!!
日記を読んでいて涙が出てきました。
ゴンちゃんは今でもまゆぽんさん一家
を見守っていますよ☆
Posted by ファーファ at 2007年01月09日 02:41
みなさん、たくさんのコメント、ありがとうございました!嬉しく読みました。
たくさんの思い出を、一度どこかにまとめておきたいとずっと思ってました。ただそれだけです。
でも、ゴンちゃんとの日々がどれだけかけがえのないものであったか。改めて再確認させられました。
Posted by まゆぽん at 2007年01月12日 22:58
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/671727

この記事へのトラックバック